見る・遊ぶ 暮らす・働く

広島マツダスタジアムに期間限定「お化け屋敷」 常設外で初のロングラン営業へ

お化け屋敷プロデューサー五味弘文さんとお化け屋敷「ざくろ女の家」

お化け屋敷プロデューサー五味弘文さんとお化け屋敷「ざくろ女の家」

  •  
  •  

 広島東洋カープの屋内練習場デッキに4月22日、お化け屋敷プロデューサー五味弘文さんとコラボした期間限定お化け屋敷「ざくろ女の家」がオープンした。

お化け屋敷の外観

 オープンに先立ち、報道関係者向けに開いた記者会見には五味さんが登場。球場内にお化け屋敷をオープンさせた経緯について、「昨夏、球団から強い誘いを受けた。いい機会だと二つ返事で引き受けた」と話し、「立地もいい。新幹線からお化け屋敷の側面も見える。場所の魅力を最大限生かしたい」と意欲的だ。

[広告]

 お化け屋敷のテーマカラーは、球団のチームカラーと同じ「赤」。色にこだわり、それぞれの演出を考えたという。入場者には屋敷内で鍵を見つけ、屋外に出るミッションが課せられる。出口までの所要時間は1人6分前後。歩くスピードによって変わるという。

 「お化け屋敷は怖さから楽しさを得る特殊なエンターテインメント」と五味さん。「野球ファンの皆さんに野球プラスアルファとしてお化け屋敷を楽しんでもらいたい」と呼び掛ける。

 開催期間は常設以外では五味さんも初のロングラン。「広島により根付いたお化け屋敷ができるのではないか」と期待を寄せる。

 営業日は4月22日から7月13日の試合開催日のみ。7月16日からは第2幕の開催を予定する。営業時間は、デーゲーム=開門(11時予定)から試合終了後30分まで、ナイター=開門(15時予定)~20時。入場料は500円。1グループ3人まで同時入場できる。当日の入場券が別途必要。

  • はてなブックマークに追加