3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

広島市内4カ所で「広島国際映画祭」 Perfumeのドキュメンタリー作品上映も

「アラビアン・ナイト」のワンシーン

「アラビアン・ナイト」のワンシーン

  • 0

  •  

 広島・紙屋町のNTTクレドホール(広島市中区基町)など市内4カ所で11月21日から、「広島国際映画祭2015」が始まる。

 国内外から作品を集め、若手の発掘や広島に関連した作品の上映を行う同イベントは、映画監督やプロデューサーが新たな才能の発掘を目的に2001年から米国でボランティア開催している短編映画祭「ダマー映画祭」が前身。2014年から名称を変更し、今年で2回目の開催となる。

[広告]

 3日間を通して88本の作品をNTTクレドホール、広島市映像文化ライブラリー(基町)、八丁座(胡町)、横川シネマ(西区横川町3)の4カ所で上映。多くの作品に携わった監督が来場し、解説やトークショーも行う。入退場自由だが、会場によっては予約が必要。会期中の来場者数は6000人を目指す。

 国内外の作品を上映する「特別招待作品」では、Perfumeのドキュメンタリー作品「WE ARE Perfume -WORLD TOUR 3rd DOCUMENT」のほか、全6時間にわたるミゲル・ゴメス監督の3部作「アラビアン・ナイト」を会期中1部ずつ上映する。そのほか、河瀨直美監督作品「あん」はバリアフリー上映に対応。コンペティション部門作品には染谷将太さん監督・脚本・出演作品「清澄」がノミネートした。

 NTTクレドホールのロビーには飲食ブースが出店し、音楽を楽しみながら軽食を味わえる空間をつくり上げる。今月20日にはNTTクレドホールで前夜祭のシネマコンサートを開き、会期中のチケット購入者は入場無料。

 料金は、1日券=前売り1,500円、当日2,000円、3日通し券=前売り3,000円、当日券3,500円。問い合わせは同映画祭開催準備室(TEL 082-555-2033)まで。今月23日まで。

Stay at Home