3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 見る・遊ぶ

広島カープを「すくう」クリスマスケーキ 今年はサラダボウルに入れて販売

スコアボードは2対1でカープが勝ち越している

スコアボードは2対1でカープが勝ち越している

  • 0

  •  

 イズミ(広島市東区二葉の里3)は10月、広島東洋カープのクリスマスケーキ予約受け付けをホームページと店頭で始めた。

 MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島(南区南蟹屋2)に見立てたクリスマスケーキの販売は昨年に続いて2回目。タカキベーカリーが製造を手掛け、今年は「すくう」をテーマに企画した。カープに帰ってきた黒田投手、新井内野手らを今度はファンが救うイメージでサラダボウル容器にティラミスを入れた。バットとグローブのデザインをあしらったスプーンも付属する。

[広告]

 ケーキ表面は抹茶パウダーでグラウンドの芝を表現。カープのロゴはグラニュー糖で成形する。トッピングのスポンジには、投打するカープ坊や、野球ボール、スコアボードをそれぞれプリントした。ケーキのサイズは直径15センチ。

 販売数は前田投手と黒田投手の背番号を組み合わせた1815台。冷凍した状態で受け渡しをするため、全国配送も受け付ける。「昨年は全国のカープファンから注文を頂いた」と同社広報担当者。販売前から商品への問い合わせがあったという。

 販売価格は、「コイ」に掛けた5,151円(税別)。12月20日まで、店頭やホームページで受け付ける。

Stay at Home