食べる 買う 暮らす・働く

広島でハロウィーンウオーク 飲食店など50店舗でサービス提供も

ハロウィーンの仮装した人々が市街地を練り歩く

ハロウィーンの仮装した人々が市街地を練り歩く

  • 0

  •  

 広島市内で10月31日、ハロウィーンの仮装した人々が市街地を練り歩く街歩きイベント「ハロウィーンウオーク広島」が開催される。主催は「ウィーラブ広島プロジェクト」。

 ハロウィーンに合わせて、飲食店を中心としたショップを巡る同イベント。同プロジェクト代表理事の窪田崇さんが「飲食街活性化の起爆剤になる」と感じ、広島と福山で同時開催する。

[広告]

 会場はパーティーなどを開くクラブや飲食店を中心とした約50店舗。各店で開くイベントへの参加割引やドリンクのサービスなど、特典を用意する。このほか、ポイント加算制のコスプレや記念撮影ラリーなどのゲームも行い、高得点獲得者には景品を進呈する。

 窪田さんは、「参加者が街を歩くことで、飲食店への敷居を下げるほか、エリアの魅力を再認識させる効果がある」と期待を寄せる。集客目標は3000人を見込む。

 開催時間は18時~22時。参加チケットは前売り=1,000円、当日=1,500円。