見る・遊ぶ 買う

広島・宇品の雑貨店で「オールナイト本合宿」 夕方から朝まで12時間営業

「ひそかな雑貨屋 うみねこ社」外観

「ひそかな雑貨屋 うみねこ社」外観

  •  
  •  

 広島・宇品の雑貨店「ひそかな雑貨屋 うみねこ社」(広島市南区宇品御幸3)で10月24日、夕方から朝まで12時間、書籍販売やワークショップを行う「オールナイト本合宿」が開催される。

 築80年の古民家で月に6日のみ営業する同店は、グラフィックデザイナーの最所綾子さんが2013年11月に開いた「隠れすぎの隠れ家」。幼いころから書店と図書館が大きな娯楽だったという最初さんは、トイレやお風呂でも本を読むほどの本好き。「本が好きだが、朝方までやっている本屋が少ない」と夜の図書館をイメージしたイベントを企画した。

[広告]

 イベントは書籍販売がメーン。これまで行ったことがある書店や古本店特集で見かけた店に声をかけ、全国から個性のある書店22店舗が参加する。本は書店がセレクトし、古書を中心にリトルプレスなど、600冊あまりを集める。

 本にまつわる雑貨販売も行い、東京・世田谷の書店兼ギャラリー「SNOW SHOVELING(スノウショベリング)」、名古屋の書店「ON READING(オンリーディング)」はオリジナル雑貨やニットキャップなど、身に着けるアイテムも並べる予定。

 漫画や村上春樹氏の座談会やワークショップは要予約だが、当日でも定員に空きがあれば参加できる。夜に来店できない客向けに、日曜の昼も一部、延長して営業する。

 開催時間は24日=18時~翌6時、25日=14時~18時。ワークショップの参加申し込みはメールで同店まで。

  • はてなブックマークに追加