食べる 買う

広島・オフィス街のカフェで「ランチ持ち込み」営業 リニューアルに合わせて開始

笑顔で出迎えてくれる店長の国寄琴美さん

笑顔で出迎えてくれる店長の国寄琴美さん

  •  
  •  

 広島・大手町のカフェ「このま食堂」(広島市中区大手町2、TEL 070-5306-5430)が6月15日、ランチ持ち込み営業を始めた。

開放感のある店内

 これまでコーヒーやカフェラテなどのドリンクメニューを中心に提供してきたが、リニューアルオープンに合わせてサービスを開始。ワンドリンクオーダー制で自作やコンビニ弁当など、食べたい物を持ち込むことができる。店舗面積は約9坪。テーブル10席。座席は目線が合いにくいようにテーブルごとに高さを変えた。

[広告]

 メニューは低速ミキサーで数種類の野菜や果物にゆっくりと圧力をかけて絞り出す「コールドプレスジュース」(700円)やノンカフェインのルイボスティー(600円)、カフェラテ、ビール(以上500円)など。砂糖を加えず、非加熱で仕上げるローチョコレート(200円~)もリニューアルに合わせて提供を始めた。

 看板を出していないため、来店客には店主の稲葉綾子さんが主宰する女性コミュニティー「COAKI(コアキ)」のイベント来場者やブログ閲覧者など、地元女性が多い。年齢層は20~60代と幅広く、口コミでの来店もあるという。今後は軽食を増やし、メニューの充実を図る予定。

 営業時間は12時~19時。土曜・日曜・祝日定休。

ピックアップ

SmartNews Awards 2019