3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ 暮らす・働く

広島・芸備線が開業100周年 広島駅と三次駅で記念イベント

JR広島駅9番ホームから出発する芸備線

JR広島駅9番ホームから出発する芸備線

  • 0

  •  

 広島・芸備線の開業100周年記念イベントが5月30日、JR広島駅(広島市南区松原町)とJR三次駅(三次市)で同時開催される。

 1915(大正4)年4月、旧芸備鉄道会社線の志和地駅から東広島駅間で開業した芸備線。同年6月には現在の西三次駅までの区間を開業し、今年6月で100年を迎える。東広島駅は国有化に伴い、1937(昭和12)年7月廃止している。

[広告]

 同沿線では今年4月から、記念イベントを開いてきたが、集大成となる今回は両駅で記念式典を行う。JR三次駅前広場やコンコースでは、ちどり号などのヘッドマークや鉄道模型、芸備線を走行する列車の写真を展示する。体験コーナーも設け、運転仕様のシミュレーターやさまざまな列車のペーパークラフト作成に挑戦できる。

 イベントに合わせて、広島駅から三次駅までの13駅をセットにした記念入場券も限定販売する。販売価格は1,820円。発行部数は1000セット。なくなり次第終了。

Stay at Home