見る・遊ぶ 買う

広島でカープ記念Tシャツ展 「隠し玉」から「一球の重み」まで100枚を展示

オールドファンには懐かしいTシャツも並ぶ

オールドファンには懐かしいTシャツも並ぶ

  •  
  •  

 選手の記録達成時などに製作販売するカープの記念Tシャツを集めた「われらのカープTシャツ展」が4月30日から福屋広島駅前店(広島市南区松原町)で始まった。

館内にはカープ応援フラッグも登場

 トピックスに応じてタイムリーに発売するカープの記念Tシャツ展は球団初。インターネットを中心に一般販売されたが、販売数やデザイン、カラーバリエーションが異なるため、早くに完売する商品も多い。

[広告]

 会場はカープグッズ売り場がある同店9階エスカレーター横。Tシャツの内側に記したメッセージが話題を集めた「隠し玉Tシャツ」(2007年)や2013年、左手首骨折で戦線離脱していた前田選手をデザインした「前田智徳 I’ll be back Tシャツ」、黒田投手のカープ復帰についての発言から誕生した「一球の重みTシャツ」(2015年)など、厳選した100枚を年代ごとに時系列で展示する。

 限られたスペースに知恵を絞って情報を盛り込んでいるTシャツを前に、「迫力がある。Tシャツとともにカープの歩みを楽しんでいただけるのでは」と福屋営業本部紳士服MD統括次長の鈩前浩二さん。一般撮影も許可するため、ゴールデンウイークには多くの来場客に期待を寄せる。

 開催時間は10時~20時。観覧無料。今月13日まで。

  • はてなブックマークに追加