食べる

広島に「竹鶴 MUSEUM BAR HIROSHIMA」-カフェバー内に期間限定オープン

期間限定オープンでした「竹鶴 MUSEUM BAR HIROSHIMA」

期間限定オープンでした「竹鶴 MUSEUM BAR HIROSHIMA」

  • 0

  •  

 広島・流川のカフェバー「cafe SPICE(カフェスパイス)」(広島市中区流川)店内に10月21日、「竹鶴」ブランドのオフィシャルバー「竹鶴 MUSEUM BAR HIROSHIMA」が期間限定オープンした。

竹鶴を飲み比べるセットも登場

 創業80 周年を迎える「ニッカウヰスキー」と創業者竹鶴政孝さんの生誕120 周年を記念して、アサヒビール(東京都墨田区)とニッカウヰスキー(港区)が企画した。広島の出店に先駆け、「竹鶴」にゆかりのある東京や仙台、北海道では4月~9月末にかけて展開。来場者数は3会場で目標を上回る約1万1000人を記録した。竹鶴政孝さん生誕の地、広島はNHK朝の連続テレビ小説「マッサン」の放送開始後の開催とあって集客にも期待が高まる。県内での開催は同店のみ。

[広告]

 店舗は通常営業する同店1階正面を使用する。座席やテーブルを取り払った店内には、「日本のウイスキーの父」と呼ばれる竹鶴政孝ゆかりのアイテムを展示する「MUSEUM SPACE」と「竹鶴」ブランドをさまざまな飲み方で楽しめる「BAR SPACE」を設けて、2つのエリアを構成した。

 展示するアイテムは、スコットランドでウイスキー作りを学んだ際に、詳細に記録した「竹鶴ノート」や余市蒸溜所の敷地探索時に竹鶴政孝が使用していた「余市蒸溜所敷地探索時のノート」や竹鶴政孝さんが愛用していたグラスなど。

 ウイスキーは「竹鶴ピュアモルト」(600円)や熟成期間が17年、21年、25年以上の3種類も用意。飲み比べるができる「竹鶴ピュアモルト エイジングテイスティングセット」(1,500円)のほか、竹鶴をベースに竹鶴政孝さんやその妻リタさんをイメージしたオリジナルカクテル(900円)もそろえる。

 フードは竹鶴家で定番だったという「厚切りローストビーフ」(1,400円)や牛ひき肉とマッシュポテトにチーズを乗せた英国流の「こんがりチーズのシェパーズパイ」など、料理上手として知られていたリタさんのレシピ再現したものや、オリジナルアレンジを加えたメニューを提供する。

 営業時間は18時~翌3時。今月31日まで。

Stay at Home