3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

広島・平和大通りでバルーンアート-クリスマスに合わせてディスプレー

クリスマスバルーンを制作した家泉あづささん(写真左)と姉の柴田あかねさん

クリスマスバルーンを制作した家泉あづささん(写真左)と姉の柴田あかねさん

  • 0

  •  

 シモンズ社製のマットレスを扱う「広島シモンズギャラリー」(広島市中区小町)で12月19日、クリスマスバルーンの展示が始まる。

平和大通りでは「ひろしまドリミネーション」も開催中

 通りに面したショーウインドーを使ったバルーンの展示は今回で2回目。バルーンアーティストの家泉あづささんと姉の柴田あかねさん姉妹が、クリスマスをテーマに手掛けた。制作期間は2日にわたり、約10時間をかけて完成。中央にサンタクロースとトナカイをモチーフにした作品を並べる。

[広告]

 「恋人同士のクリスマスをイメージした」と家泉さん。強度や光沢のある風船約3000個を使って作った。大小さまざまな風船が並ぶが、使用したゴム風船は2種類。繋ぎ合わせた風船を組み合わせて作品を仕上げた。

 大学卒業後からバルーンビジネスをスタートさせた家泉さん。学生時代にも大学祭の飾り付けなどで風船に触れており、出会いはさらにさかのぼるという。現在では、空間ディスプレーや講師など、活動の場を広げている。「見た人が楽しい、明るい気持ちになれる」バルーンアートを、「多くの人に楽しんでいただければ」とも。

 開催時間は10時~19時。今月25日まで。最終日にはバルーンのプレゼントを予定する。

Stay at Home