食べる 見る・遊ぶ

広島で「虹の晩さん会」-虹のアーティスト・靉嘔さんのアート展関連企画で

当日は靉嘔さんのリクエストで、「フルクサス」にちなんだデザートも用意するという

当日は靉嘔さんのリクエストで、「フルクサス」にちなんだデザートも用意するという

  •  
  •  

 広島市現代美術館(広島市南区比治山公園)で現在開催されている「虹のアーティスト」靉嘔(あいおう)さんのアート展「ふたたび虹のかなたに」の関連イベントとして12月15日、パフォーマンスと食事を楽しむ「虹の晩さん会」が開催される。

会場となるキャラントサンク店内

 前衛アーティストとしてさまざまなメディアを横断して創作活動を行う靉嘔さんが、さまざまショートパフォーマンスを披露する同イベント。会場は広島・袋町の飲食店「45(キャラントサンク)」(中区袋町)で、1階フロアにステージを設け貸し切りで開く。

[広告]

 パフォーマンスは、靉嘔さんがメンバーとして活躍した前衛芸術グループ「フルクサス」の機知とユーモアに富んだもので、「指示書」に基づき再演する。オリジナルのコース料理を用意し、ワインなどのドリンクと一緒に楽しむという。

 開催時間は18時~20時。参加費は4,800円。定員は40人。事前申し込みが必要。

 同展は東京・新潟・広島でも開催。東京・新潟でもオリジナルパフォーマンスを企画。展示方法も美術館に合わせて見直している。

ピックアップ

SmartNews Awards 2019