暮らす・働く

モチーフは「船」-広島・呉でご当地ナンバープレート、松本零士さんがデザイン

横=20センチ、縦=10センチの実物大を10倍の大きさで作ったサンプルのオリジナルプレート

横=20センチ、縦=10センチの実物大を10倍の大きさで作ったサンプルのオリジナルプレート

  •  
  •  

 呉市で11月1日から、市制110周年を記念して漫画家の松本零士さんがデザインした原動機付き自転車のオリジナルナンバープレート応募受付を開始する。

 大和ミュージアムの名誉館長である松本さんが手掛けるオリジナルプレート。戦前、旧海軍工廠の町として戦艦大和を製造し、戦後は世界最大のタンカーを造った呉市の象徴「船」をモチーフに横から見たシルエットをデザインする。地域の特性をPRして、認識を高める狙い。

[広告]

 右下部に丸みを出すことで、球状艦首を表現。松本さんが呉をイメージして書き起こした、いかりのオリジナルキャラクターは手を取り合って進んでいこうとほほ笑む。ナンバープレートは原動機付き自転車のみが対象。希望ナンバーの応募は往復はがきで受け付ける。

 応募期間は11月30日まで。応募は1人1通。2013年1月7日から交付する。

ピックアップ

SmartNews Awards 2019