3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 見る・遊ぶ

広島にレストラン電車「トランヴェール・エクスプレス」-広電が電車開業100周年で

レストラン電車「トランヴェール・エクスプレス」外観。オープンに合わせて広電本社前電停の上屋も店舗のイメージに沿ったヨーロッパ風にデザインする

レストラン電車「トランヴェール・エクスプレス」外観。オープンに合わせて広電本社前電停の上屋も店舗のイメージに沿ったヨーロッパ風にデザインする

  •  
  •  

 ドルトムント電車を改造したレストラン「トランヴェール・エクスプレス」(広島市中区東千田町2、TEL 082-544-2383)が7月11日、マダムジョイ千田店の敷地内にオープンする。

向かいに同時オープンするレストラン

 オープンするのは老朽化で引退したドイツのドルトムント電車を改造したレストラン。電車開業100周年事業の一環として広島電鉄が、広電本社ビルに隣接するマダムジョイ千田店の敷地内に開く。運営はスーパーマーケット「マダムジョイ」を手掛ける広電ストア(東千田2)。マダムジョイ千田店の入口横には、レストラン「ビストロ・トランヴェール」も同時オープンする。

[広告]

 メニューは、肉や魚をメーンとした定食スタイルのランチやサンドイッチなどの軽食。ディナータイムには、ドイツのウインナーやジャガイモを使ったアラカルトを予定する。席数は貸し切り専用のラウンジ席8席を含む50席。ビストロ・トランヴェールも同内容のメニューを中心にそろえる。席数は14席。スペースを広めに設けたという。

 車内には貸し切り専用のラウンジ「LUXE(ルクス)」も用意するが、店舗の貸し切りにも対応する。貸し切り料金は、トランヴェール・エクスプレス全席=2万円、貸し切り専用ラウンジ席を除くトランヴェール・エクスプレス全席=1万5,000円、貸し切り専用ラウンジ席=8,000円、ビストロ・トランヴェール全席=8,000円、トランヴェール・エクスプレスとビストロ・トランヴェール全席=2万5,000円。利用は事前の申し込みが必要。

 営業時間は、ランチ=11時~15時、ディナー=17時~21時。土曜・日曜・祝日定休。オープン日は17時の開店を予定。

Stay at Home