3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く

「ひろしまフラワーフェスティバル」-ゲストに奥田民生さん、深田恭子さんも

2012年で36回目の開催となる「2012ひろしまフラワーフェスティバル」ポスター画像

2012年で36回目の開催となる「2012ひろしまフラワーフェスティバル」ポスター画像

  • 0

  •  

 「2012ひろしまフラワーフェスティバル」が5月3日~5日、広島市内中心部の平和記念公園と平和大通りをメーン会場に「パレード」「ひろば」「ステージ」の3つを柱として開催される。

2012ひろしまフラワーフェスティバルのシンボル「花の塔」

 3日間で160万人を超える多くの人出でにぎわう同イベント。今年のテーマは、「笑顔咲く 未来を照らす 希望の花」。応募総数1139点の中から、広島市東区在住の主婦が投稿した作品が選ばれた。

[広告]

 イベントを盛り上げるスペシャルゲストとして4日には、広島県出身の奥田民生さんが登場。このほか、大河ドラマ「平清盛」に出演する深田恭子さん、成海璃子さんも3日のパレードへの参加を予定する。

 平和大通りでは、これまで東京・丸の内や大阪・御堂筋で開いてきた「ストリート陸上」を企画。約70メートルのトラックを3レーン設け、小学生による50メートル走や広島県出身の為末大選手らトップアスリートによるエキシビションを開く。

 広島の特産品、熊野町の筆を使った書道パフォーマンスでは、縦6メートル、横7メートルの布に書を披露。「書道パフォーマンス甲子園」や地域のイベントにも参加する五日市高と熊野高の生徒によるコラボも。

 会場では、ギネス挑戦企画も行われる。腕を交差させ、両隣の人と1分間手をつないで大きな輪を作る「ハンドシェイク・チェーン」では500人前後の参加者を見込む。このほか、高知発祥のよさこい踊りを広島風にアレンジした「きんさいYOSAKOI」や神楽フェスティバル、ブラジルサンバのほか、世界の音楽と伝統芸能踊りがそろう「アジアンカーニバル」など、3日間でステージ33カ所、ひろば80カ所で展開する。

Stay at Home