広島に低価格ヘアメークサロン「アトリエはるか」-地下街シャレオに出店

平日は飛び込みでの来店客もあるという「アトリエはるか紙屋町シャレオ店」

平日は飛び込みでの来店客もあるという「アトリエはるか紙屋町シャレオ店」

  •  
  •  

 低価格でヘアメークやメークレッスンなどのサービスを提供するヘアメークサロン「アトリエはるか」(本社=愛知県名古屋市)が3月1日、広島地下街「シャレオ」(広島市中区基町)に「紙屋町シャレオ店」(TEL 082-249-0800)をオープンした。

普段使いもできるよう意識してそろえたアクセサリー

 関東を中心に商業施設内への出店を進める同店は、ヘアメークのサービスに特化した専門店。店舗によっては、ネイルやフットサービス、まつ毛カール、着付けも行い、結婚式やパーティー前に利用する20代以上の女性客と平日は主婦層の利用が目立つ。広島への出店は初だが、他県での利用者が結婚式などで訪れて利用するケースもあるという。

[広告]

 店舗面積は16坪。壁面にガラスを使い、通りからも店内をのぞけるよう開放感を出した店舗は白とベージュが基調。中央にはメーク用のテーブル4席を設け、壁面にはL字型にカウンターテーブルを用意。鏡など店内にはメークの色味が映えるようライトを等間隔で配置する。

 メニューは、ポイントメーク(1,575円)やクレンジングでメークを落としてから行うフルメーク、ヘアセット(以上2,625円)など。「専門店だからこそ低価格を実現できた」と店長の佐藤汐里さん。所要時間の目安は10分~20分。短時間で終わることも魅力の一つ。マンツーマンのレッスンでは、ポイントメークを学ぶショートレッスン(4,200円)やベースからフルメークまで5回に分けて行うパーソナルメークレッスン(3万1,500円)など。

 メークに使用するのはサロン専売品の「shu uemura」や雑誌などで注目を集めるミネラル、オーガニック系コスメ「MIMC」ほか。店内には、女性向けのファッション誌や美容、ヘアメーク誌のほか、同社オリジナルのスタイルブックもディスプレーする。

 コンセプトは「ビューティーイズファッション」。「洋服以外をコーディネートできるようにしたい」と佐藤さん。立地場所と所要時間、料金から、利用客の約7割はリピーターだという。つけまつ毛の需要も高く、メークに興味のある利用者も多いことから、「希望に沿った提案をしていきたい」と意欲を見せる。

 営業時間は11時~21時(土曜・日曜・祝日は8時から予約を受け付ける)。

  • はてなブックマークに追加