広島で「猫の日」に合わせたフォトコンテスト-SC内のペットショップが企画

沖本社長とアメリカンショートヘア。写真奥では犬と猫、それぞれ10匹ほどが遊ぶプレイルームがある

沖本社長とアメリカンショートヘア。写真奥では犬と猫、それぞれ10匹ほどが遊ぶプレイルームがある

  •  
  •  

 2月22日の「猫の日」に合わせて、広島のペットショップ「ペットタウン ミューア」(広島市中区宝町、TEL 082-245-3855)で現在、フォトコンテストを開催している。

駐車場への出入り口横に構える同店

 同店は大型SCフジグラン広島に「ペットショップ矢野橋」(本店=広島市安芸区矢野東1)として出店していたが昨年10月、改装を終えた同施設のリニューアルオープンと同時にスタッフが独立。店名を「ミューア」に変更してオープンした。店舗面積は130坪。

[広告]

 フォトコンテストは、店頭やブログで参加を呼び掛けた企画。「幅広い方に興味を持ってもらえたら」と沖本明由美社長。入選者には、同店だけでなく、同施設で利用できる商品券も準備した。集まった写真は、店内の入り口近くに用意した手作りボードに貼り、猫の名前と年齢、飼い主からのコメントと一緒に掲載する。

 応募数は35枚。オープンから間がないため、店名への馴染みが薄いことや「募集期間が短かった」と沖本社長。これまで開いてきた同様の企画では、120枚を超える写真を4枚のボートに貼ったという。投票は今月27日まで、店頭で受け付ける。

 同店では、「来店するときの楽しみになれば」と外観壁面を利用してペットの写真を展示する。申し込み順に1カ月ほど、写真をディスプレーしている。今後も犬の泣き声に合わせた語呂合せからなる11月1日の「犬の日」、9月20日~26日の動物愛護習慣に企画を予定する。

 営業時間は9時~21時。コンテスト写真の展示は3月4日まで。

  • はてなブックマークに追加