食べる 暮らす・働く

広島で2500人が参加する巨大コンパ「ひろコン!」-女性からの申し込み目立つ

一般の通行客も足を止めるなど、イベントの受付会場は人が絶えない

一般の通行客も足を止めるなど、イベントの受付会場は人が絶えない

  •  
  •  

 11月12日、広島の歓楽街、流川・薬研堀エリアを中心に開催される巨大コンパ「ひろコン!」へ女性からの申し込みが相次いでいる。

コンパの様子

 まちおこしイベントとして全国的広がりを見せる「街コン」の広島版を開くのは、We Love 広島 projectと広島県社交飲食衛生同業組合(広島市中区河原町)。若者の利用が減る、同エリアでの活性化を目的に9月10日に、飲食店39店舗で1回目のコンパを開いた。定員よりも60人ほど多い、1,060人が参加した。

[広告]

 今回は、定員を倍以上の2500人に拡大。前売り券の販売枚数は1500枚を超え、女性の購入は900枚以上と好評。9月に開いたコンパでは、開催10日前に女性用のチケットが完売し、キャンセルや追加販売の問い合わせもあったという。

 参加者は、参加飲食店80~100店を自由に回ることができる。店舗の利用時間は3時間半。イベント受付会場となる新天地公園内には特設ステージを設け、まさみのりささんらによるライブなどのパフォーマンスも披露する。公園はライトアップを施し、周辺地域のイメージアップにつなげる狙いも。

 このほか、サンモール(紙屋町)とタイアップして、「市内中心部の端と端をつなぐ」とイベントの総合プロデュースを務める窪田崇さん。人の流れを作り、中心街の活性化を図る。イベントは今後、定期的に開きたいと3カ月ごとの開催を検討。県外からの参加ツアーの実施も企画し、観光客の誘致にもつなげていく。

 開催時間は17時30分~21時。前売りチケットは、男性=6,000円、女性=4,000円。

  • はてなブックマークに追加