食べる

食材や意匠をセミオーダーできる「仕出し弁当」、広島御膳本舗が提供開始

食材や意匠をカスタマイズできる仕出し弁当

食材や意匠をカスタマイズできる仕出し弁当

  •  
  •  

 仕出し弁当の製造をメーンに行う「広島御膳本舗」(広島市中区平野町、TEL 082-545-2244)が9月から、食材や意匠をセミオーダーできる弁当の販売を始めた。

 会議や接待向けの高級弁当を専門に販売する同社。冠婚葬祭の利用も多く、現在は医療関係者への仕出しが中心という。弁当は一辺が16.5センチ四方の二段重ねの木箱から成る。外箱の意匠は、冠婚葬祭などの用途に応じて約10種類のデザインから選べる。料理は地産地消をコンセプトに薄味で仕上げた。

[広告]

 従来の弁当に比べ、「ボリュームを抑えて中身にこだわった」と同社の名越裕晃社長。弁当は、「納得したものを提供したい」と、料理長やフードコーディネーターから料理についての説明を受けながら、事前に同社に併設するサロンで試食も可能。見栄えや味を確かめることができる。

 ターゲットには富裕層を見込むが、器や包装紙を選べる遊び心を加えたことから、女性利用が多いカルチャースクールなどへの提供も視野に入れる。

 価格は5,250円~8,400円。

ピックアップ

SmartNews Awards 2019