プレスリリース

大企業向け業務デジタル化クラウド「SmartDB」と、リモートアクセスサービス「moconavi」がサービス連携を開始

リリース発行企業:株式会社ドリーム・アーツ

情報提供:

株式会社ドリーム・アーツ(東京本社:東京都渋谷区、広島本社:広島県広島市、代表取締役社長:山本 孝昭、以下 ドリーム・アーツ)と株式会社レコモット(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:東郷 剛、以下「レコモット」)は、ドリーム・アーツが提供する「SmartDB(R)(スマートデービー)」と、レコモットが提供するリモートアクセスサービス「moconavi」がサービス連携を開始したことをお知らせします。



■サービス連携の背景
ドリーム・アーツの提供する「SmartDB」は、ワークフロー機能とWebデータベース機能を高いレベルで備えた大企業向け業務デジタル化クラウドです。一般的な申請ワークフローのほか、文書管理や工程管理などあらゆる業務のデジタル化に対応し、大企業のペーパーレス化を実現しています。
レコモットの提供する「moconavi」はリモートアクセスサービスです。端末にデータを残さない特長を活かしてVPNを利用せずにセキュアなテレワーク基盤を構築することができます。電子メールや電話帳、勤怠管理やeラーニングなど、さまざまな業務サービスと「moconavi」を連携させることで、社外でセキュアにできる業務の拡充をサポートいたします。
今回「SmartDB」と「moconavi」が連携することで、「SmartDB」によってデジタル上に構築されたさまざまな業務を、「moconavi」により、セキュアかつ高いユーザビリティで利用できるようになります。これにより、新型コロナウイルス感染症の流行などの影響で普及したテレワーク・リモートワークの利点を最大限活かせる組織の構築を支援いたします。
【イメージ:「SmartDB」と「moconavi」の連携】

■両サービスをご利用いただいている
 株式会社サーラビジネスソリューションズ プラットフォームグループ
 マネージャー 河合氏からのコメント

サーラグループでは、さまざまな業務のデジタル化と働き方改革を進めるにあたり、「SmartDB」と「moconavi」を活用しています。今回、稟議書ワークフローのデジタル化を契機に業務であつかうさまざまな情報のデジタル化を推し進めるとともに、それらの情報へどこからでもセキュアにアクセスできる状態にすることで、業務を滞留させないワークスタイルを目指しました。
これらの取り組みによって、「情報格差を無くすこと」、「情報アクセスの壁を無くすこと」、「情報の停滞・滞留を無くすこと」 に成功しています。
今後は、「SmartDB」と「moconavi」によって実現した環境を活用して、さらなる業務の効率化とあわせて、組織・風土改革にも取り組んでいきたいと考えています。





■「SmartDB(スマートデービー)」について 
https://hibiki.dreamarts.co.jp/smartdb/
SmartDBは、大企業向け業務デジタル化クラウドです。現場個別の業務から全社共通業務まで、ノーコード・ローコードでだれもがクイックにデジタル化できます。複雑な業務プロセスに対応するワークフロー機能、データ蓄積はもちろんダイナミックで緻密なビュー制御をもつWebデータベース機能を備え、大企業に必要なきめ細やかな権限設定や高度なセキュリティ要件にも対応しています。
三菱UFJ銀行や大和ハウス工業、立命館大学など、大企業を中心に50万名以上が利用中です。
サービス基盤として日本マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を採用し、利用規模の変化やコンテンツの増加にも柔軟に対応できる環境を実現しています。



■「moconavi」について https://moconavi.jp/
moconaviは、スマートフォンやタブレット、WindowsPCなどの端末にデータを残さないで、社内システムや各種クラウドサービスへセキュアにアクセスするためのリモートアクセスサービスです。会社支給端末や個人所有端末(BYOD)※1を問わずに1,000社30万人以上に利用されています。モバイル管理市場(MAM)※2において3年連続市場シェアNo1※3を記録し、「今いる場所がオフィスになる」をコンセプトに、企業のモバイルワークやBYODの積極活用を支援しています。

■株式会社ドリーム・アーツについて https://www.dreamarts.co.jp/
1996年12月に設立されたドリーム・アーツは「協創する喜びにあふれる人と組織と社会の発展に貢献する」 をコーポレート・ミッションに、「情報共有」と「対話」を重視した独創的かつ高品質なソリューションとサービスを提供します。「協創力を究めよ」のスローガンのもと、ICTだけでも人間だけでもできないビジネス上の難題の解決をICTと「協創」でお手伝いしています。

■株式会社レコモットについて https://recomot.co.jp/
レコモットは「人を中心にワークスタイルを変革する」をコンセプトに、コミュニケーションサービスおよびソフトウェアを提供するITベンダーです。クラウドコンピューティングと、その入り口となるスマートデバイスを活用した革新的サービスを世界に提供し、ダイナミックかつ多様性を求める社会の生産性向上に貢献します。

*1:BYOD(Bring Your Own Device)個人が所有するスマートフォンやタブレット、ノートパソコンなどを業務に活用する仕組み。
*2:MAM(モバイルアプリケーションマネージメント)モバイル端末上のアプリケーションを管理するシステム。
*3:出典 株式会社テクノ・システム・リサーチ「2020-2021年版 エンドポイント管理市場のマーケティング分析 モバイル管理パッケージ」モバイル管理市場調査より。

  • はてなブックマークに追加
週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース