プレスリリース

「第6回ひろしま和食料理人コンクール」並びに「第7回ひろしまシェフ・コンクール」の挑戦者を募集します!!

リリース発行企業:広島県

情報提供:

広島の食の魅力向上によるブランド力の強化に向けて,優秀な若手料理人の発掘,育成を目的とした「第6回ひろしま和食料理人コンクール」及び「第7回ひろしまシェフ・コンクール」を開催することとし,広島の次の時代を担う新しい価値観の食のクリエイター(料理人)の募集を開始します。


成績優秀者の主な修業風景(フランスの星付きレストラン)
この料理人コンクール上位3名には,賞状及び副賞として総額35万円(優秀者(1位)に20万円,2位に10万円,3位に5万円の賞金)を贈呈します。また,最優秀者(1位)には,有名レストラン等での修業を支援(最大3年間)します。
広島の次の時代を担う新しい価値観の食のクリエイター(料理人)の皆様,是非,料理人コンクールにご応募ください。




第6回ひろしま和食料理人コンクールの概要
■募集資格:詳しくはホームページをご覧ください https://hiroshima-ryourinin-2020.com 
■募集期間:R2.9.18(金)~R2.12.11(金)必着
■応募方法:郵送(ホームページから様式をダウンロード)
■提 出 先:広島県 商工労働局 海外ビジネス課 食の魅力推進グループ(〒730-8511 広島市中区基町10-52)
■審査日程
 ○書類審査: 令和3年1月12日(火) 会場 広島県庁(広島県中区基町)
 ○実技審査: 令和3年1月24日(日) 会場 山陽女子短期大学(広島県廿日市市)
■課 題: 広島県産の食材を使った和食で,先付3種盛り,椀物,油物の3品
■成績優秀者に対する支援,副賞など
 ○最優秀者(1位)
  ・国内外の有名料理店で修業(最大3年間)を支援
  ・修業に係る必要な費用を無利子貸付(月20万円を上限,一定の要件を満たした場合は返還免除)
 〇上位3名(今年度副賞を新設)
  ・賞状及び副賞(最優秀者(1位)に20万円,2位に10万円,3位に5万円の賞金)を贈呈
  ・国内外で実施する県主催のイベントに派遣,県内外の有名料理店等で短期間の研修を実施
■審査員
全国日本調理技能士会連合会 会長 片田 勝紀(かただ かつのり)
日本料理喜多丘 北岡 三千男(きたおか みちお)
料理評論家 山本 益博(やまもと ますひろ)
広島県日本調理技能士会 名誉会長 佐々木 政之(ささき まさゆき)
    〃       名誉顧問 田中 孝(たなか たかし)
    〃       会長 川村 満(かわむら みつる)




第7回ひろしまシェフコンクールの概要
■募集資格:詳しくはホームページをご覧ください https://hiroshima-ryourinin-2020.com
■募集期間:R2.9.18(金)~R3.1.22(金) 必着
■応募方法:郵送(ホームページから様式をダウンロード)
■提 出 先:広島県 商工労働局 海外ビジネス課 食の魅力推進グループ(〒730-8511 広島市中区基町10-52)
■審査日程
○書類審査: 令和3年2月16日(火)  会場 広島県庁(広島県中区基町)
○実技審査: 令和3年3月2日(火)  会場 山陽女子短期大学(広島県廿日市市)
■課 題: 広島県産の食材を使った西洋料理で,前菜, メインの2品
■成績優秀者に対する支援,副賞など
○最優秀者(1位)
・海外の有名レストランで修業(最大3年間)を支援
・修業に係る必要な費用を無利子貸付(月20万円を上限,一定の要件を満たした場合は返還免除)
〇上位3名(今年度副賞を新設)
・賞状及び副賞(最優秀者(1位)に20万円,2位に10万円,3位に5万円の賞金)を贈呈
・国内で実施する県主催のイベントに派遣,県内外の有名料理店等で短期間の研修を実施
■審査員
日本ホテル 総括名誉総料理長 中村 勝宏(なかむら かつひろ)
レストラン タテルヨシノ 吉野 建(よしの たてる)
料理評論家 山本 益博(やまもと ますひろ)
広島県飲食業生活衛生同業組合もみじ支部支部長 山口 数広(やまぐち かずひろ)
ル・トリスケル 勇崎 元浩(ゆうざき もとひろ)
ラ・セッテ 北村 英紀(きたむら ひでのり)





※新型コロナウイルスの蔓延状況等により,延期または中止する場合があります。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home