見る・遊ぶ

広島で「時をかける少女」2作品上映会-新旧監督招きトークイベントも

広島の映画館で大林宣彦・谷口正晃両監督を招いて映画「時をかける少女」2作品の上映とトークショーを開催

広島の映画館で大林宣彦・谷口正晃両監督を招いて映画「時をかける少女」2作品の上映とトークショーを開催

  •  
  •  

 広島の映画館「サロンシネマ」(広島市中区大手町5)で10月21日、「時をかける少女」2作品の上映と大林宣彦・谷口正晃両監督を招いたトークショーが開催される。主催は中国エリア最大手の書店チェーンを展開する「フタバ図書」(西区観音本町2)。

映画「時をかける少女」とは

 同社は、8年前からサロンシネマを運営する序破急(同)とコラボ企画として「無料招待会」を実施。今年6月からは毎月、映画作品のDVD化に合わせて、上映会を企画。「知られていなくても、いい映画は多い」とフタバ図書ソフトピア事業部商品部の岡本頼子さん。劇場未公開や広島ではあまり公開されていない作品を、上映会でクローズアップしていく。今回のイベントは、フタバ図書が3年後に迎える、創業100周年のカウントダウンプロジェクトとして開催。初めて上映会に、広島県出身の大林宣彦監督と10月13日にDVD化する映画「時をかける少女」の谷口正晃監督をゲストに招いた。

[広告]

 上映会への参加方法は、対象となる15店舗でレンタル利用客や新刊本、CD、DVD購入客に渡すチラシを使い、インターネットかハガキで応募。100人を招待する。原田知世さん主演の「時をかける少女」(1983年)上映後にトークショーを行い、その後、仲里依沙さん主演の「時をかける少女」(2010年)を続けて上映する。

 応募締め切りは、ハガキ=今月15日、インターネット=同17日。

ピックアップ

SmartNews Awards 2019