3密を避けて新しい生活様式へ!

広島・歓楽街のビルの空きフロアでイベント-「夜の街」イメージ払しょくへ

昼間にイベントを行う中新地通り、第2レックスビル近くのセントラルゲート

昼間にイベントを行う中新地通り、第2レックスビル近くのセントラルゲート

  • 0

  •  

 広島の歓楽街に立ち並ぶビルの空きフロアを利用したイベント「REX HANDS FESTA vol.1」が4月10 日・11日、中新地通りで開催される。

昼間の流川通り

 同イベントは、「子どもから大人まで誰もが楽しめる安全で健全な街、流川」をテーマに「恐い街」という印象が強い歓楽街に足を運ぶきっかけを作ろうと久保田本店(堀川町)が主催。同社が管理する第2レックスビルなどの物件の空きフロアを使って午前中から夕方まで開く。

[広告]

 スタンドなど当時使われていたままで残っているビルの空きフロアには、雑貨や軽食、スイーツを中心に作家と雑貨店9店舗が出店。現在の流川の町を撮影した写真展や占いコーナー、トークショーなども企画し、ビルのエントランスでは移動販売車「Kanade Cafe」がドリンクなどを販売する。

 イベントを企画した雑貨店「TAPPY(タッピ―)」の吉本飛香さんは「流川町でランチ営業をしている人も多い。夜の街のイメージを払しょくできれば」と思い参加した。手を加えていないビルの内装は「バブル全盛期のまま。懐かしみながら、新鮮に楽しんでもらえれば」とも。イベントは今後も継続して行い、仏壇通りなど周辺の飲食店とも協力して、まちの活性化を考えていく。

 開催時間は10時~17時。問い合わせはタッピ―(TEL 082-246-0422)まで。

Stay at Home