広島・幟町に洋風お好み焼き店-ふんわり生地が特徴

写真=「鉄板焼・炉端焼 zaza Casual Dining」の河野店長

写真=「鉄板焼・炉端焼 zaza Casual Dining」の河野店長

  •  
  •  

 「鉄板焼・炉端焼 zaza Casual Dining(ザザカジュアルダイニング)」(広島市中区幟町、TEL 082-222-8883)が4月10日、電車通「なか卯」2階にオープンした。

 2年前、流川町に16席の1号店(現在の「鉄板焼 炉端焼 zaza Main Dining」)を出店しているが、「2号店は広い店舗にしたいという思いがあった」と同店の河野店長。

[広告]

 店舗面積は40坪で、白と黒を基調に1号店オーナーのコンセプトである「洋のイメージ」を内装にもメニューにも取り入れたという。席数は、鉄板前のカウンター=9席、窓側のカウンター=14席、テーブル=28席(4名掛けテーブル7卓)の全55席。窓側のカウンター席からは走る路面電車が望める。

 ランチメニューでは、「保守的と言われる広島で賭けに出た」(河野店長)というたこ焼きのようなふんわりとした生地が特徴の「zazaオリジナルお好み焼き」(700円~1,000円)と「広島風お好み焼き」(700円~1,000円)の2種類をそろえた。

 ディナーメニューでは、鉄板焼と炉端焼をメーンに40~50種類のメニューを常時そろえる。中でも、「鉄板で焼くだしまき玉子」(580円)、「ほうれん草とベーコンのパスタ」(780円)、「zaza特製ガーリックライス」(680円)などの鉄板焼メニューを充実させた。「和風たこガーリックサラダ」(680円)などのサラダやスープなども鉄板を使用するという。炉端焼では、「のどぐろ」(1,680円)、「大きなエリンギ」(480円)ほか。ディナータイムのお好み焼きは「zazaオリジナルお好み焼き」に限る。

 ターゲット層は30代~40代の男女を想定。オープンから2週間経過した現在は、男性客が9割を占めるという。客単価は3,500円~4,000円。河野店長は「まずは長くゆっくり続くお店にしたい」と話している。

 営業時間は、ランチ=11時30分~16時、ディナー=17時~23時。日曜・祝日定休。

鉄板焼 炉端焼 zaza Main Dining

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

SmartNews Awards 2019