天気予報

27

18

みん経トピックス

PR

広島の老舗宝石商が新業態店広島で夫婦が喫茶店開業

広島で初の総ブックフェス「お好み本ひろしま」-一箱古本市も開催

  • 0
広島で初の総ブックフェス「お好み本ひろしま」-一箱古本市も開催

3月21、22日に名古屋の円頓寺商店街にて行われた「一箱古本市」の様子

写真を拡大 地図を拡大

 広島初の本の総合的なブックフェスティバル「お好み本ひろしま2009」が11月7日・8日、広島市内のうらぶくろやカフェで開催される。

広島駅そばの純喫茶パール

 袋町を中心とした「うらぶくろ」では、東京の「不忍ブックストリート」で始まったフリーマーケット形式の古本市「一箱古本市」を実施。「商店街の活性化に結びつけたい」(イーセット財津正人社長=ブッククロッシング・ジャパン代表)と店舗の軒先を借りて行う本だけのフリマは、本を売りたい「店主」が持ち寄った古本を「店」とみなしたダンボールなどの箱に入れて販売する。通りでは1日50店を上限としており、参加者は既に1日に締め切っている。

 フェアトレードカフェ「カフェ・パコ」(広島市中区大手町3、TEL 082-247-0643)では本について語り合うイベントを行う。古本に落書きやメモが挟まったまま残されている「痕跡本」に残された、元の持ち主と古本との「物語」を想像しながら本を読む「痕跡読書」の面白さをトークイベント形式で紹介。

 そのほか、広島駅そばの純喫茶「パール」(南区松原町、TEL 082-263-2171)で行う湊かなえさんトークライブや、市内電車を貸し切って開く生音楽演奏やトークライブ、落語のイベントも企画する。

 問い合わせは同実行委員会(TEL 082-822-4816)まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

隈(くま)取りをモチーフにしたフェースシールを貼った三越のライオン像(関連記事)
[拡大写真]

アクセスランキング