3密を避けて新しい生活様式へ!

広島・京橋川「水辺のオープンカフェ」で音大生がコンサート

店舗写真=左から「オイスター・コンクラーベ牡蠣亭」、「cafe REGALO」、「ZEN」、「ピース・ポット」

店舗写真=左から「オイスター・コンクラーベ牡蠣亭」、「cafe REGALO」、「ZEN」、「ピース・ポット」

  • 0

  •  

 京橋川沿いの「水辺のオープンカフェ」(広島市中区橋本町、稲荷大橋西詰北側河岸緑地)で4月21日、エリザベト音楽大学(広島市中区幟町)の学生によるコンサートが行われる。主催は、「水の都ひろしま推進協議会」と3事業主4店舗の運営主体で構成される「水辺のオープンカフェ出店協会」。

 2005年10月に開業した同エリアには、牡蠣生産業者が直営する「オイスター・コンクラーベ牡蠣亭」、レガロホテルシステムズが手がける「cafe REGALO」「ZEN」、食べるスープの専門店「ピース・ポット」の4店舗が出店する。

[広告]

 これまで同エリアでは、広島の市民団体「ひろしま着物あそび」が会合を兼ねた「着物で食事会」を開いたほか、NPO法人雁木組がアメリカからプロの演奏家を招き「水辺のJAZZ LIVE」などを行ってきた。7回目となる今回のコンサート企画は、「生徒の演奏・発表の場を必要とする同大学と協力し、観光スポットとしての魅力を高めることを狙う」(広島市都市活性化局観光交流部の繁さん)という。

 コンサート企画は5月・6月にも行われることが決定しており、「年間7万人の利用者があり、川沿いの縦長の空間をうまく利用して人が集まるようになった。今後は月に一度、定期的に企画を行うのが目標」(繁さん)とも。

 コンサートの開催時間は、12時30分~13時30分=トランペット四重奏(T4)、ギター&サクソフォーン演奏(大坪純平さん、山本赳郎さん)、20時~21時30分=トランペット六重奏(パラッパラッパ)、金管五重奏(幕の内)。入場無料。食事代、飲み物代は別途必要。

水の都ひろしま推進協議会エリザベト音楽大学

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home