愛犬と一緒にくつろげる「ドッグカフェバー」-広島のカフェバーが業態変更

ドックカフェバー「Seychelles(セイシェルズ)」店内。バータイムは照明を落として営業する。

ドックカフェバー「Seychelles(セイシェルズ)」店内。バータイムは照明を落として営業する。

  • 0

  •  

 広島のカフェバー「Seychelles(セイシェルズ)」(広島市中区富士見町、TEL 082-247-3385)が今年2月に「ドッグカフェバー」へと業態変更を行い、4カ月が過ぎた。業態変更は、並木通りから平和大通りそばへの移転を契機に行った。

 犬を飼い始めてからお茶や食事へ連れて行くことは難しいと感じたという同店店長の山本泰男さん。一飼い主の立場で感じた思いを店作りに生かし、「犬と飼い主が一緒に入れる店」をコンセプトに、ドッグカフェバーとして移転オープンした。

[広告]

 犬のイラストをディスプレーする店内の入り口部分は犬が遊べるよう広めのスペースを確保。路上に飛び出さないよう、入り口には柵を用意する。店舗面積は約17坪、席数はカウンター=6席、テーブル=13席の計19席で、利用客も犬と一緒にくつろげるようにとソファ席を用意した。店へは、並木通りで営業していたときの常連客も訪れることから、オーディオ機器にも力を入れるこだわりも見せる。

 各テーブルには犬のひもをつなげるようにしており、店内で犬同士がトラブルを起こさないように工夫した。利用客は、自宅から持ち寄ったおもちゃで愛犬と遊んだり、食事を楽しんだりするため「滞在時間は長め」(山本さん)。店内には、トリマーやイラストレーターも常駐し、トリミングを受けたり、愛犬のイラストを描いてもらったりすることもできる。

 メニューは、パスタとコーヒー、ミニケーキがセットになったランチセット(1,000円)、パスタ(700円~)、コーヒーとケーキセット(800円)、ソフトドリンク(500円)に加え、バータイムからはカクテル(800円)やビール(700円)などのアルコール類とつまみ(500円~)を用意する。犬用のおやつ(200円~)も販売しており、犬の入店時にはおやつのサービスも行う。

 客単価は昼=1,000円、夜=2,000円。昼間は、犬を連れた利用客が多いが、夜はバーとして利用されることが多い同店。「チワワの会」など利用客が主催するオフ会の場所として利用されることもあるという。

 営業時間は、ランチタイム=11時~14時、カフェタイム=14時~18時、バータイム=18時~24時。トリミングは10時~18時に行う。