ファンキスト、「8・9」に広島で初ライブ-音楽に平和の願い込める

写真=ファンキストのメンバー

写真=ファンキストのメンバー

  •  
  •  

7月16日にメジャーデビューを果たしたロックバンド「ファンキスト」の広島初ライブが8月9日、クラブ・ムゲン(広島市中区薬研堀1)で行われるピースイベント「8・9」の一環として開催される。

 2001年に結成された同バンドは、2人のギター、ボーカル、ベース、ドラム、フルート、パーカッションの男女7人から成るグループ。国内外で年間100本を越えるライブを精力的に行っている。

[広告]

 ライブ前に会場では、観客に折り紙を配布し、63年前に青空を飛んでいた怖い乗り物だった飛行機を平和の象徴として、色とりどりの折り紙で紙飛行機を折って飛ばすという。メンバーは、平和への想いや願いを演奏に込めようと、8月6日には広島の慰霊式典に参加した後、長崎に移動してライブを行った。9日も同様に、長崎の慰霊式典に参加して、レンタカーで広島入りしてライブに臨むという。

 当日は、長崎で19歳の時に被爆した米田チヨノさんによる約1時間の被爆体験証言や長崎を中心に九州で活躍するロックバンド「スーパーサムライモード」などによるライブも開催される。

 開催時間は18時30分~23時30分。チケットは、大人=2,000円、学生1,500円。いずれも1ドリンク付き。問い合わせは、バー「スワロウテイル」(TEL 082-246-9266)まで。

「はだしのゲン」中沢啓治さん、広島のクラブでトークライブ(広島経済新聞)クラブムゲンファンキストバー スワロウテイル

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

SmartNews Awards 2019