3密を避けて新しい生活様式へ!

オージービーフを使用したステーキ専門店-大食いチャレンジも

写真=約150グラムのオージービーフとコーンなどのサイドディッシュ

写真=約150グラムのオージービーフとコーンなどのサイドディッシュ

  • 0

  •  

 広島パルコ新館の向かいに6月上旬、ステーキ専門店「ステーキロック」(広島市中区新天地1、TEL 082-543-5505)がオープンした。

 同店のメーンは、オーストラリアの巨大な一枚岩・エアーズロックをイメージしたというオージービーフのサーロインステーキ。サイズも豊富で、約150グラムから、わらじほどの大きさになる約500グラムまでのステーキを提供する。

[広告]

 店舗面積は約20坪。席数は、カウンター=8席、テーブル席=12席の計20席。「ウエスタン」をイメージした店内には、壁に馬ていなどの装飾品をあしらい、軽快な音楽が流れる。女性店員はカウボーイハットにショートパンツ姿でカウガールをイメージしているという。

 メーンメニューは、ステーキ(1,200円~)、オージービーフを使用したハンバーグ(900円~)。ハンバーグも約150グラムから約450グラムのサイズを用意する。14時までのランチタイムには、約150グラムのステーキにパン・ライス・バターライスから選んだ一品とスープとサラダ、烏龍茶やコーラなどのドリンクがセットになったステーキセット(1,000円)を提供。ハンバーグも同様のセット内容。18時からのステーキセット(1,200円~)には、フライドポテトやコーンなどのサイドディッシュが3種類加わる。

 ドリンクメニューは、バドワイザー生(500円~)、12の国と地域から集めたビール(550円~)とオーストラリアで飲まれているワイン(500円~)、烏龍茶(300円)、オレンジジュース(300円)ほか。

 18時からは「大食いチャレンジ」も行っている。約500グラムの1ポンドステーキ3枚と大盛りライス3皿、サラダとスープの総重量3キログラムを30分で完食できれば、食事代は無料。5,000円分の金券か1ポンドステーキ2枚を進呈する。チャレンジ失敗の場合は9,000円を支払うことになる。

 客単価は3000円で、ターゲット層は20~40代のビジネスマン。同店を運営するキューズネット企画、店舗運営部長の廣田滋樹さんは「和牛を使用した価格帯が高いステーキ専門店とは真逆の発想で、オージービーフを使いボリュームと価格で勝負したい」と話す。

 営業時間は11時~14時、18時~24時。日曜定休。

老舗ステーキレストラン「ステーツサイズ」-那覇・東町に移転(那覇経済新聞)野毛に唐黍牛ステーキ専門店-横浜のイベント会社が初出店(ヨコハマ経済新聞)

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home