食べる 買う

そごう広島店で総菜・洋菓子の「サブスク」開始 1カ月1,080円から

写真は、サブスクリプションサービスで提供するパン店「ドンク・ミニワン」のミニクロワッサン100グラム。プレーンの場合は5個。

写真は、サブスクリプションサービスで提供するパン店「ドンク・ミニワン」のミニクロワッサン100グラム。プレーンの場合は5個。

  • 19

  •  

 そごう広島店(広島市中区基町)が4月9日から、食品フロアの総菜と洋菓子を対象にしたサブスクリプションサービス「エブリデイパスポート」を始めた。

[広告]

 サブスクリプションサービスの導入は同店では初めて。同店の無料カード会員を対象に新たな販売方式として導入し、日ごろから利用が多い食品売り場の7店でスタートし、客の立ち寄り機会を増やしていく。

 対象商品は、本館地下1階=パン店「ドンク・ミニワン」ミニクロワッサン100グラム(プレーンの場合は5個)、洋菓子店「AKI」ドーナツ、スティックケーキ、レモンケーキ各種から1個、洋菓子店「ボストン」スティックケーキ約10種類から1個、洋菓子店「バッケンモーツアルト」クッキーやレモンケーキ、ダックワーズなど約15種類から1個、洋菓子店「クヌギ」偶数日はワッフル、奇数日は「みるころ」1個。本館地下2階=総菜店「はやと」総菜10種類のうち、2パック、おにぎり専門店「仁多屋」の216円以内のおにぎり1個。各店の看板商品で安定して供給できるものを選んだという。

 1カ月の利用料金は、仁多屋=2,160円、そのほかは1,080円。対象売り場で、ミレニアムカードを提示し、購入する。利用期間は購入から30日間。1日1回利用できる。仁多屋で利用した場合、216 円のおにぎりを30 日間購入すると6,480円かかるが、サブスクリプションサービスをつかうと定額2,160円になるため、4,320円割安になる。同店では今後、利用できる食品対象店の拡大を予定する。

 受取時間は10時~20時。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース