見る・遊ぶ

乾電池ロボ「エボルタ」が広島・宮島で遠泳に挑戦 3キロ超泳ぎ世界記録樹立

広島・宮島で遠泳に挑戦する乾電池ロボット「エボルタNEO」

広島・宮島で遠泳に挑戦する乾電池ロボット「エボルタNEO」

  •  

 パナソニックがプロモーション展開する乾電池ロボット「エボルタNEO」が11月10日、広島・厳島神社大鳥居から宮島口までの25キロを泳いで渡る「世界最長遠泳チャレンジ」に挑戦した。

遠泳中の様子

 身長17センチのエボルタNEOは、長さ約35センチ、 幅約6センチの木製のサーフボードに乗ってギネス世界記録に挑戦した。動力は単3形エボルタNEO 2本。方向制御は赤外線誘導方式を使い、ロボット本体は防水ベアリングなど各種防水機構も搭載する。

[広告]

 ルールは市販の単3形電池を動力とするロボットが泳ぐ最長距離の記録で、水中で腕、ボディーまたはヒレを動かすことによって推進する。挑戦中は電池の再充電や交換、ロボットの部品修理や交換は行わない。

 当日は3.002キロを3時間22分34秒かけて遠泳し、ギネス記録を樹立した。