食べる 暮らす・働く

広島のタカノ橋商店街アーケード下でビアガーデン 地域の夏祭りで企画

タカノ橋商店街アーケード下で昨年行ったビアガーデンの様子

タカノ橋商店街アーケード下で昨年行ったビアガーデンの様子

  •  
  •  

 広島市内のタカノ橋商店街(広島市中区大手町5)で8月26日・27日、テーブルと椅子を並べたアーケード下のビアガーデンが開催される。

 毎年8月26日・27日に開く、地域の夏祭り「峯本稲荷二十六夜祭」のメイン企画の一つで、広島市タカノ橋商店街振興組合(TEL 082-249-9077)が主催する。

[広告]

 当日は11時から商店街の通路を歩行者天国として開放。夕方からはアーケード下50~60メートルにわたって、テーブルと座席約260~280席を並べ、ビアガーデンの準備を始める。例年、イベントを心待ちにする地元客らの姿が開始前から見られ、開始時間を繰り上げてオープンすることも。商店街で営業する飲食店などはフードやドリンクのワゴン出店をしてイベントを盛り上げる。

 今年は土曜・日曜の開催となったが同日は宮島水中花火大会などのイベントも開かれるため、同組合担当者は「開始時間などについては人の流れを見ながら対応したい」としている。

 開催時間は18時30分~22時(27日は16時~)。

  • はてなブックマークに追加