食べる 見る・遊ぶ

藤い屋が広島・宮島に「古今果」 テークアウトの限定菓子の販売も

宮島にオープンした「古今果anco」外観

宮島にオープンした「古今果anco」外観

  •  
  •  

 広島・宮島の表参道商店街に2月25日、老舗もみじまんじゅう店「藤い屋」(本店=廿日市市宮島町)の菓子店「古今果anco(ここんかあんこ)」(宮島町、TEL 0829-44-1020)がオープンした。

瀬戸内をテーマにデザインした店内

 「古今果」は2015年9月、宮島口に初出店した新業態の菓子工房併設カフェ。90年続く同社伝統のあんをベースにした和洋折衷(せっちゅう)菓子を中心にそれぞれのジャンルに特化した職人が考案している。

[広告]

 同店は「古今果」のカジュアルラインとして島内に初出店した。店舗は藤い屋本店の向かいに構え、店舗は宮島口の本店同様に瀬戸内をテーマにデザインする。

 テークアウトできる菓子を中心にそろえ、「あんころね」(160円)、「揚げあんぱん」(200円)は同店限定で販売する。「あんころね」は発酵バターを使って焼き上げたパイ生地に職人が時間をかけて炊き上げたあんと「三良坂フロマージュ工房」の牧場で育ったブラウンスイス牛の生乳を使った「こくのある」カスタードクリームを一緒にサンドした菓子。仕上げにフランス西海岸ブルターニュ地方の塩をアクセントとしてふりかける。

 「揚げあんぱん」はすでに販売しているあんぱんを改良した菓子で玄米フレークのサクッとした食感が特徴という。

 営業時間は10時~18時。

  • はてなブックマークに追加