食べる 暮らす・働く

広島県の山陽道SAにスターバックスコーヒー 県内2店舗目、東広島には初出店

スターバックスコーヒー小谷サービスエリア店内。カウンター席にはコンセントも配置する

スターバックスコーヒー小谷サービスエリア店内。カウンター席にはコンセントも配置する

  •  
  •  

 広島県内の山陽自動車道「小谷サービスエリア」(東広島市高屋町)に4月中旬、「スターバックス コーヒー小谷サービスエリア(上り線)店」(TEL 082-491-1088)がオープンした。東広島市へのスターバックスコーヒー出店は初めて。

テラス席にはペット同伴でも利用できるようリードも

 店舗面積は63.5坪。席数は店内31席、テラス席32席の計63席を用意する。メニュー構成は通常店舗と変わらず、朝食にサンドイッチを購入する客が多く、スターバックスラテや限定発売するフラペチーノ商品などが売れ筋。SA立地だが東広島初出店のため、一般道から来店する客も多く、購入商品も通常店と変わらない状況という。堀尾真也店長は「今後、高速道路を利用する方へはドライブ中の心休まる空間を提供し、地域の方へはコーヒーを通じたつながりが築ける店を作りたい」と意欲を見せる。

[広告]

 スターバックスコーヒーは2009年4月、サービスエリア店舗として山陽自動車道「宮島サービスエリア(下り線)店」を県内初出店。高速道路利用者だけでなく、近隣住人も立ち寄るという。スターバックスコーヒージャパン(東京都品川区)広報部の田中有紀さんは「特にサービスエリアは運転のリフレッシュにくつろげるサードプレイスとしてニーズが高く、他のSAでも出店を検討していた」と話す。同社では全国SAに42店舗、中国地方では広島県内に2店舗を展開している。

 営業時間は8時~21時。

  • はてなブックマークに追加