見る・遊ぶ 暮らす・働く

広島市こども文化科学館のプラネタリウムが36年ぶり改修 4月にリニューアル

プラネタリウムのイメージ画像

プラネタリウムのイメージ画像

  •  
  •  

 広島市こども文化科学館(広島市中区基町)プラネタリウムが4月15日、リニューアルオープンする。

 開館以来36年ぶりとなるプラネタリウム改修整備は、光学式プラネタリウム投影機「MS-20AT」で星空を描画する恒星原板を一新し、電球をLED化。歴史のある外観はそのまま生かし、最新技術を導入する。天の川を再現するほか、6.9等までの恒星約16000個が輝くという。

[広告]

 最新鋭のデジタルプラネタリウム導入により、地球上から見る星空だけでなく、宇宙空間全体が再現可能になった。直径20メートルの半球ドーム全方位から迫りくる映像をデジタル高精細で表現する。

 投影番組は迫力のある映像を体感できる全天周映画、生解説で紹介する最新の天文情報など、幅広い世代に向けた番組をそろえる。星空と音楽で心と体をリフレッシュさせる「リフレタリウム」は毎週水曜に上映してきたが、一定のニーズがあったとして平日と土曜・祝日にも上映を決めた。

  • はてなブックマークに追加