見る・遊ぶ 暮らす・働く

広島で映画「スター・ウォーズ」年越しカウントダウン上映 街ナカ映画館が企画

サロンシネマのロビーには実物大の「ストームトルーパー」も

サロンシネマのロビーには実物大の「ストームトルーパー」も

  •  
  •  

 広島市中心部の映画館「サロンシネマ」(広島市中区八丁堀)で12月31日、映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の年越しカウントダウン上映会が行われる。

 例年は夜から明け方までのオールナイト上映企画「フィルムマラソン」の途中に年越しカウントダウンを行ってきたが、今年は12月18日から全国公開が始まる同作品の上映前に鑑賞客らとカウントダウンを行う。

[広告]

 本編上映は24時に始め、コスプレでの来場や上映中の声出し、拍手、ライトセイバーやサイリウムの持ち込みも受け付ける。同作の上映は、周辺の商店街やショップとともに街ナカを盛り上げる仕掛けを作ろうと決めた。「スター・ウォーズの上映をきっかけに初めて劇場へ足を運んでもらう方も多いはず」と同館の戸川善史さん。

 鷹野橋から東急ハンズ上に移転して1年余り。劇場の認知向上を高める起爆剤になればと公開日から年明けの1月8日まで、同館では同作品のみを上映する。劇場ロビーには全国に8体しかないという実物大のストームトルーパーを置き、公開に向けての機運を高める。

 チケット料金は1,300円。販売は今月12日から。ストームトルーパーの設置は今月13日まで。

  • はてなブックマークに追加