暮らす・働く 学ぶ・知る

広島で「えべっさんスタンプラリー」、スマホでWi-Fiサービスの認知向上目指す

胡子神社付近もスタンプポイントの1つ

胡子神社付近もスタンプポイントの1つ

  •  
  •  

 広島で約400年続く「胡子大祭」に合わせて開く、「笑う」「ひろしま」「えびす顔」をキーワードにしたイベント「えべっさん」で11月11日から、スマートホンやタブレットを使った町歩きイベント「えべっさんスタンプラリー」が始まった。

 屋外型のフリーWi-Fiサービス「HIROSHIMA FREE Wi-Fi」を設置する市内6カ所のポイントを巡りスタンプを集める。スタンプのポイントは商店街を中心に設置する。設置場所は、シャレオ中央広場付近、パルコ付近、サンモール付近、アンデルセン付近、胡子神社付近、アンデルセン付近、アリスガーデン。それぞれのポイントで、「HIROSHIMA FREE Wi-Fi」に接続して、ブラウザーからスタンプラリーのページにアクセスして参加する。

[広告]

 同イベントは10月1日から、広島市や西日本電信電話、エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォームの3社が外国人観光客の受け入れ環境の充実や強化に向けた実証実験を行う「HIROSHIMA FREE Wi-Fiプロジェクト」の関連イベントとして企画。商店街への誘客やWi-Fiサービスの認知向上を目的に取り組む。

 会期中、全てのスタンプを集めると、瀬戸内の特産品などを抽選で進呈する。今月20日まで。

ピックアップ

SmartNews Awards 2019