食べる

広島に「ちりめんソフト」-呉・音戸ちりめんの網元が提供開始

ちりめんをトッピングした「ちりめんソフト」

ちりめんをトッピングした「ちりめんソフト」

  •  
  •  

 音戸ちりめんの製造直売を手掛ける「川口商店」(呉市音戸町)が現在、ソフトクリームにちりめんをトッピングした「ちりめんソフト」を販売している。

来店客の7割が注文するという「釜揚げちりめん丼」

 ちりめんソフトは広島店(本通)で販売するオリジナルメニュー。透明なカップにソフトクリームを盛り付け、同店で販売するちりめんをトッピングする。フレーバーは定番や季節限定など、数種類をそろえるが、「バニラが一押し」と同店の白石裕さん。ちりめんの塩気がバニラの甘味に合うという。

[広告]

 同店では7月、「ちりめんやじゃこ」などの食材を使ったメニューを提供する飲食コーナー「ちりめん食堂」を売り場の半分を使って新設した。約15坪の空間に、カウンター・テーブル計17席を用意する。メニューは、しそわかめや広島菜、しょうが煮から選べる定番の「ちりめん丼」(500円)やちりめんとキャベツを使ったペペロンチーノ(580円)、季節の食材を使った「釜揚げちりめん丼」(600円)など。丼には「いりこだし」のみそ汁もセットで提供する。

 来店客にはリピーターが多く、釜揚げちりめん丼の注文は約7割を占めるという。客単価は500円前後。冬場にはカキめしなど、カキを使ったメニューの提供も検討する。

 営業時間は10時~18時。フードメニューは11時からで、無くなり次第終了。

  • はてなブックマークに追加