見る・遊ぶ 暮らす・働く

広島・八丁堀に9月、新映画館がオープン-劇場名は「サロンシネマ」に決定

ビル1階の劇場直通エレベーター付近に描く4作品のイラスト

ビル1階の劇場直通エレベーター付近に描く4作品のイラスト

  •  
  •  

 老朽化のため8月末で閉館する広島・タカノ橋の映画館「サロンシネマ」を運営する序破急(広島市中区八丁堀)が8月1日、今秋オープンする新館の詳細について発表した。

新館ロビーのイメージ画像

 新館は東急ハンズが入る広島東映プラザビル(八丁堀)8階の広島東映・ルーブル跡に9月20日、オープン。当初は変更する予定だった劇場名だが、名称を変えないでほしいと来館者から直筆の手紙やメールが届いたことから、「サロンシネマ」を引き継ぐ。

[広告]

 劇場内には2スクリーンをそろえ、席数はサロンシネマ1=約125席、サロンシネマ2=約91席。椅子や映写機、スピーカーはすべて新しく入れ替え、映写システムはデジタルのみ。洋風をコンセプトにした新館はイメージカラーの赤でどん帳や椅子を統一する。「映画の非日常を赤で表現したい」と同社の蔵本順子社長。劇場1の椅子は福屋内に構える「八丁座」と同じく、家具製作のマルニ木工(佐伯区湯来町)が手掛け、昨年閉館した「シネツイン新天地」とタカノ橋「サロンシネマ」の椅子は劇場2で主に使うという。

 このほか、ビル1階の劇場直通エレベーター付近には、映画「タクシードライバー」「アメリ」「ジョーズ」「東京物語」のイラストを描く。担当するのは、「キネマ旬報」でイラストを描いている宮崎祐治さん。新館のロゴも宮崎さんがデザインした。

 ロビーには八丁座と同じく、商業藝術(上幟町)がカフェを出店。開放感のある窓の周辺にテーブルを並べるという。オープニングでは「バツイチは恋のはじまり」「グレート・ビューティー/追憶のローマ」「プロミスト・ランド」の3作品を上映する予定。

  • はてなブックマークに追加