暮らす・働く

広島初、2階建てオープンバス「めいぷるスカイ」-体験試乗参加者募る

広島市内を巡回する2階建てオープンバス「めいぷるスカイ」イメージ図

広島市内を巡回する2階建てオープンバス「めいぷるスカイ」イメージ図

  •  
  •  

 中国ジェイアールバス(広島市南区松原町)は現在、広島市内を巡回する2階建てオープンバス「めいぷるスカイ」体験試乗会参加者を募集している。

「ひろしま菓子博」に合わせて運行を開始した「ひろしま めいぷる~ぷ」

 2階建てオープンバスは、同社が所有する2階建て高速バス1台を転用。車体カラーは昨年4月に運行を始めた広島市内を循環する観光ループバス「ひろしま めいぷる~ぷ」同様、カープや厳島神社、紅葉を連想しやすい赤を基調にする。

[広告]

 運行するのは、ガイド付きで広島市内を巡回する「めいぷるスカイ」と広島市内・宮島観光バスの2路線。「めいぷるスカイ」は、車窓から市内観光を行う1時間半のコースと平和記念公園で下車観光できる2時間のコースを用意。運行ルートは、広島城や原爆ドーム、平和記念公園、マツダスタジアムなど。金曜・土曜・日曜・祝日ほか、ゴールデンウイークや夏休み期間を中心に1日2~4便の運行を予定する。短時間での市内観光需要を狙う。

 バス車内でゆったりバスガイドの案内を聞きながら景色を楽しめる広島市内・宮島観光路線では、昼食とガイドがセットになる。土曜・日曜・祝日に1日1便で運行。広島~宮島間は瀬戸内シーラインでつなぐ。

 試乗体験会は3月29日。広島駅新幹線口を9時、11時、13時の3便が出発を予定する。所要時間は1時間30分。対象は4歳以上中学生以下の子どもと大人の親子ペアで45組90人を募集する。申し込み多数の場合は抽選。参加無料。募集は3月7日まで。

ピックアップ

SmartNews Awards 2019