3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

広島パルコにレゴブロックで作った「世界遺産」-厳島神社や富士山も

1万2000ピースで10日間かけて制作した「厳島神社」。大鳥居の支柱は自然木をそのまま使っているため、作品でも下へ行くほど幹が大きくなっているところを表現したという。

1万2000ピースで10日間かけて制作した「厳島神社」。大鳥居の支柱は自然木をそのまま使っているため、作品でも下へ行くほど幹が大きくなっているところを表現したという。

  • 0

  •  

 広島パルコ新館(広島市中区新天地)で10月10日、レゴブロックで作った世界遺産を集めた「PIECE of PEACE-『レゴブロック』で作った世界遺産展」が始まった。

レゴブロックで再現した「富士山」

 レゴブロックで世界遺産を作ったチャリティーアート展は2003年から全国で開催。ユネスコ世界遺産活動を応援しようとプロジェクトを立ち上げ、これまで約200万人が来場した。広島では10年ぶり2回目の開催となる。

[広告]

 会場には、「厳島神社」や今年、新たに世界遺産に加わった「富士山」も登場。「モン・サン=ミシェル」(フランス)や「サグラダ・ファミリア」(スペイン)、「ピサの斜塔」(イタリア)など、世界27カ国の世界遺産40作品をレゴブロックで再現した。

 このほか、国内外のアーティストやクリエーター、ミュージシャンなど、文化人からのアート作品やメッセージなども並べる。「カルチャーを通して広げていこうと続けてきたが、200万人の方に来ていただく企画に成長した」と統括プロデュースの梶原毅さん。「小さな世界遺産を巡るような形で多くの方にお越しいただけたら」とも。

 開催時間は10時~20時30分(最終日は17時閉場)。入場料は、中学生以上=300円、小学生=100円、小学生未満無料。今月28日まで。

Stay at Home