3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる 買う

広島・天満川沿いにカフェ新店-景観生かし同じビル内に2号店

「リヴァ―カフェ」と雰囲気の異なる「2階のリヴァ―カフェ」店内

「リヴァ―カフェ」と雰囲気の異なる「2階のリヴァ―カフェ」店内

  • 0

  •  

 広島・天満川沿いのカフェ「Re:Re:river cafe'n(リヴァ―カフェ)」(広島市西区天満町、TEL 082-292-8194)がランチ営業を始めた。

グリーンが特徴的な「リヴァ―カフェ」外観

 深夜まで食事やカフェ利用ができることから女性客を中心に客足を伸ばしてきた同店。これまで夜営業のみを行ってきたが、オープンから9年目を迎えた今年1月、川沿いの景観を生かして店舗を構える同じビルの2階フロアに系列店「2階のリヴァーカフェ」を出店した。

[広告]

 店舗面積は1階フロアと同じ約15坪。アジアンテイストでまとめた店内は内装ペイントやバーカウンターなど、ほとんどがスタッフの手作りによるもの。「通常営業と同時並行で準備を進めてきた」と店主の北村達也さん(39)。席数は約20席。カウンター席やテーブル、ソファ、座敷など座席のバリエーションを増やし、什器にもこだわった。

 メニュー軽食やスイーツを中心に用意する。日替わりでメーン料理が変わる「リヴァーセット」、自家製フォカッチャとランチ限定で提供する「パニーニセット」(以上1,000円)など。「ゆっくり過ごしてもらうことがテーマ」と北村さん。あえて「ランチメニュー」とせず、軽食と付けた。

 このほか、常時5~6種類をそろえるケーキ(500円)やテークアウト用の焼き菓子(200円)もそろえ、雑貨も販売する。客単価は1,000円前後。ランチタイム中は1階で仕込みを行い、夜の営業にそなえる。2階フロアではイベントや教室の開催を受け付け、軽食とセットにした企画も打ち出ししていく予定。

 営業時間は、1階=18時~翌1時、2階=12時~18時。月曜・木曜定休。

Stay at Home