薬研堀通りに焼肉店「ほんまもん」-岡山の食肉卸が広島初出店

写真=「ほんまもん」店内の様子

写真=「ほんまもん」店内の様子

  • 0

  •  

 食肉卸の「肉のはなおか」(岡山県岡山市)は7月29日、広島・薬研堀通りに直営焼肉店「ほんまもん」(広島市中区胡町、TEL 082-248-1129)をオープンした。同業態の直営店は、岡山の2店舗に次ぐ3店舗目。

 同店は、地下1階から3階まで4フロアに分かれており、1フロアの面積は約15坪。入口を入るとすぐ正面に長い階段で2階フロアへと続き、1階は入口と通路として機能する。ダークブラウンとグレーで統一された内装は「都会の焼肉店らしく高級感を出した」(同店担当者)という。

[広告]

 メニューは、塩タン(990円)、牛カルビ(880円)など焼肉店としての定番メニューを押さえる一方、タン軟骨(580円)、コウネ(780円)、ヨメナカシ(=血管、480円)など他店にない珍味もそろえたという。肉のメニューは約40種類。アラカルトは、レバ刺し、キムチ、牛すじ煮込み、石焼ユッケビビンバ、テール麺など約35種類。

 ドリンクメニューは、生ビール(500円)、日本酒(500円~)、焼酎(グラス=500円~、ボトル=3,000円~)、チューハイ(520円)ほかを用意し、デザートはシャーベット・アイスクリームを10種類そろえる。

 コアターゲットはビジネスマンとカップルで、客単価は5,000円以下を想定している。営業時間は17時~翌3時。

  • はてなブックマークに追加