食べる

広島に喫茶店スタイルのカフェ-朝8時から営業、「モーニング」も提供

木製のテーブルと椅子をそろえる「喫茶めくる」店内

木製のテーブルと椅子をそろえる「喫茶めくる」店内

  •  
  •  

 京都のカフェで修業した女性が2月10日、広島・十日市に喫茶店スタイルのカフェ「喫茶めくる」(広島市中区十日市町1、TEL 082-296-9023)を開いた。

ガラスの瓶に入れた「おやつ」も用意

 朝8時からトーストを中心としたモーニングを提供する同店は、これまで広島市内のカフェなど、飲食店で働いてきた荒井めぐみさんが出店。26歳で「大好きな街」という京都へ移住して、4年間カフェ2店舗で働き、「いつかは」と考えていた独立を地元・広島で果たした。店は、10年来の友人という沖田智美さんと2人で切り盛りする。

[広告]

 店舗面積は約25坪。店は1階に構え、出入り口には通りから店内の様子がうかがえるようガラスを用いた。2人が立つキッチンは、来店客へ目配せできるよう、店内中央に配置。内装は白を中心に茶系のタイル、コンクリートなどを部分的に使った。店内は、漫画や雑誌を並べる畳一畳分のスペースも設ける。「リラックスした時間を過ごしてほしい」と荒井さん。私物の本を持ち寄った。席数は20席。幼児用の椅子も用意する。

 メニューは大きく「モーニング」「ランチ」「スイーツ」の3つに分けて構成した。モーニングは2種類のトーストセット(550円~680円)とフレンチトーストセット(780円)。ランチ(780円)は日替わりでそろえる5種類から総菜を選ぶ。ランチタイム以降も、「時間帯を問わず、いつ行っても食べたいものを提供したい」と、価格を変えて980円で提供する。カフェタイムには、3種類の日替わりケーキ(450円~)やパンケーキ(650円)、パフェ(800円)のほか、フレンチトースト(500円)も提供する。

 利用客は主婦や女性だけでなく、男性や周辺に住む老夫婦の姿も見られる。「幅広い世代にとって、使い勝手のいいカフェを目指したい」とターゲットは特に設けない。客単価は、平日=600円~800円前後、土曜・日曜=800円~1,200円前後。休日には、ランチにドリンクやケーキをセットにするファミリーや女性客も多いという。

 営業時間は、モーニング=8時~11時、ランチ=11時~14時、カフェ=14時~18時。水曜定休。

ピックアップ

SmartNews Awards 2019