買う

広島にキッチン生活雑貨店「カフェテーブル」-豊富なカラバリも売りに

働く女性の利用も多い同店では、「帰宅後の調理が楽しくなる」アイテム提案も行う

働く女性の利用も多い同店では、「帰宅後の調理が楽しくなる」アイテム提案も行う

  •  
  •  

 キッチンを中心とする生活雑貨やファッション小物を扱う「cafe table(カフェテーブル)」(広島市中区基町、TEL 082-546-3263)が11月9日、広島紙屋町の地下街シャレオにオープンした。

カラーバリエーションが豊富なキッチン雑貨

 主力ブランドの「off&on(オフノオン)」を中心に、「ETOWA(エトワ)」や同ブランドの全国展開を進めるレプハウス(東京都世田谷区)が運営する同店。中四国エリアへの出店は初。今後もエリア内での出店を強化したいと広島に1号店を構えた。

[広告]

 店内はオフホワイトをベースに、ピンクやオレンジ、ライムグリーンを加えて展開。什器には、キッチン小物やバス、アロマグッズ、ヘアアクセサリーなど、鮮やかな色のアイテムをディスプレーする。店舗面積は26坪。取り扱いアイテムは1100点に上り、約8割をオリジナル商品が占める。

 「かわいい中にも、スタイリッシュで大人でも使えるようなアイテムが特徴」と同社広報の宮木さん。「豊富なカラーバリエーションも人気」とも。価格帯は300円台からそろえ、ギフト需要にも応える。客単価は1,600円~1,700円。20~30代の女性客利用をメーンに見込む。

 営業時間は11時~21時。

ピックアップ

SmartNews Awards 2019