プレスリリース

広島東洋カープ大瀬良大地選手出演「ひろしまの森づくり事業」普及啓発 新CM公開

リリース発行企業:広島県

情報提供:

 広島県では、森林を県民共有の財産として守り育て、次の世代に引き継いでいくため、2007年度から「ひろしまの森づくり県民税」を財源とする「ひろしまの森づくり事業」に取り組んでいます。この度、本事業の普及啓発を目的とした新たなCMが完成し、本日2019年1月31日に、ひろしまの森づくりネット内にて公開しました。


 新CMでは、広島東洋カープの大瀬良大地選手にご出演いただき、力強い投球シーンを披露していただきました。また、昨年一般公募にてメンバーを募集・新設された,森林整備ボランティア団体「TEAM森づくり」の活動参加メンバーの皆様も出演しています。
 県民の皆様にご負担をいただいている「ひろしまの森づくり県民税」と広島東洋カープのエースである大瀬良選手にちなみ、「ひろしまのエースは一人じゃない」「ひとりひとりが森づくりのエース」であると表現し、「この街(広島県)で暮らす全ての人にひろしまの森は支えられている」という本事業の仕組みを県民の皆様に認知していただくための内容になっております。
 新CMは「ひろしまの森づくりネット(http://www.moridukuri.net/)」にて常時公開されていますので,ぜひ一度ご覧ください。また2月中にはWeb上でこの新CMを動画広告として配信することを予定しています。
 また同様に、大瀬良選手と「TEAM森づくり」メンバーが出演した啓発用のポスターも作成しており、2月中旬より流通店舗をはじめ県内各所に掲載される予定です。

ひろしまの森づくり事業「森づくりのエース」編




【参考資料】
(ひろしまの森づくり県民税について)
 「ひろしまの森づくり県民税」は、県民や企業の皆さまに広くご負担いただくため、県民税均等割に加算する方法により納めていただいております。課税対象・課税額・課税方法などについては下記URLをご参照ください。
http://www.moridukuri.net/tax.html

(ひろしまの森づくり事業実績について)
平成24年度~平成29年度
1. 森林機能の維持・発揮3,269百万円
 ・人工林対策 1,887百万円
 ・里山対策 1,250百万円
 ・森林病害虫対策 132百万円
2. 森林資源の利用促進 867百万円
3. 県民参加による多様な森づくりの推進 545百万円
 ・住民団体やボランティア団体等への活動支援 435百万円
 ・森林・林業体験活動の機会創出 110百万円
4. 県民理解の促進等198百万円
 ・普及啓発 110百万円
 ・事務費 88百万円

  • はてなブックマークに追加