3密を避けて新しい生活様式へ!

広島駅の立ち食いうどん店に赤い麺の「赤うどん」-カープ応援商材で

「カープ」を表現した赤い麺の赤うどん

「カープ」を表現した赤い麺の赤うどん

  • 0

  •  

 「赤いうどん」でカープを応援しようとJR広島駅構内のうどん店で、3月23日から赤い麺が特徴の「赤うどん」の提供を始めた。運営は広島駅弁当(広島市東区矢賀5)。

改札そばのうどん店

 赤うどん(430円)は、カープ応援商材の一環として駅の1番ホーム内の立ち食いうどん売店で提供する新メニュー。「赤く燃えるカープナインと必死に応援するカープファンをイメージした」(同社)赤い麺は、同店で従来提供しているうどんに液体の天然麹(こうじ)で色を付け、「通常の2倍使用」(同社鉄道部の生田新太郎さん)したネギでグラウンドの天然芝を煮卵でボールをそれぞれ表現する。生田さんは、「うどんの赤い色を出すのに業者と10回くらいやり取りした」と赤い色へのこだわりを話す。

[広告]

 同店では、通勤客をメーンに1日平均1,200食を売り上げており、うち赤うどんの売り上げは1日約50食前後。今後は、「球場利用客や女性を取り込みたい」(同)と新メニューで新たな利用客層を増やしていく。

 4月からは、同駅の5番、8番ホームでの販売も予定している。営業時間は6時~22時。

Stay at Home