備後漬物、ゆめタウン広島に「ピザ」と「フレッシュジュース」の複合店

写真=「ピザハンズ」とジュースバー「ナチュル」の複合店

写真=「ピザハンズ」とジュースバー「ナチュル」の複合店

  •  

 備後漬物(本社=広島県福山市)は、FCの「ピザハンズ」と同社の新業態・フレッシュジュースバー「ナチュル」の複合店を「ゆめタウン広島」(広島市南区皆実町2)1階にオープンした。

 1946年創業の同社は、漬物の製造や有名チェーン店への卸販売をメーンに手がてきたが、1998年から外食事業としてたこ焼き店「たこ風船」の店舗展開をスタートし、現在では西日本で8店舗を運営している。「ゆめタウン広島」への出店は本来「ナチュル」がメーンだったが、セット販売を狙って2店同時オープンを決めたという。

[広告]

 ナチュルのジュースメニューは、グレープフルーツ(350円)、オレンジ(350円)、いちご(500円)ほか約10種類。「食材を見せることでさらなる信頼につながれば」(同社の木原さん)と、いちごやメロンなどの具材をあらかじめ透明のカップにセットしておき、オーダーが入ってからミキサーにかけてジュースにする。クレープのような感覚で、片手で食べられるコーン型のピザを提供する「ピザハンズ」のメニューは、「マルゲリータ」「カプリチョーザ」(各400円)などがある。

 ターゲットは、「幅広い年齢層の女性」(同社)。セット販売で、客単価700円~950円を想定する。

ピザハンズ備後漬物