食べる 買う 暮らす・働く

広島・袋町で「トランクマーケット」 県内外から74店舗が出店、自慢の一品を持ち寄る

袋町公園で開く「トランクマーケット」は今回で5回目

袋町公園で開く「トランクマーケット」は今回で5回目

  •  
  •  

 広島市中心部の袋町公園(広島市中区袋町)で11月14日・15日、蚤(のみ)の市形式のイベント「The Trunk Market(ザ・トランクマーケット)」が開催される。主催は、うらぶくろ商店街振興組合とザ・トランクマーケット企画室。

 地域に目を向けて考え、行動を起こすきっかけを作ろうと同イベントを企画。観光客を呼び込む要因になるように春と秋の年2回、イベントを定期的に開いている。出店数は15店舗増の74店舗。飲食・物販・ワークショップなどで構成し、県内外から集まった出店者が自慢の一品を持ち寄る。

[広告]

 今回は高校や専門、大学など、学校からの出店を受け付けた。「毎回、実験的な取り組みにもチャレンジしたい」と同企画室室長の中本さん。「県内外の著名な小売り店や飲食店が出店するため、将来のヒントになれば」とも。

 公園内に設置するステージでは、建築設計事務所「SUPPOSE DESIGN OFFICE(サポーズデザインオフィス)」(舟入本町)が主催するトークイベント「THINK」を行う。業界を問わず第一線で活躍する人をゲストに招き、代表の谷尻誠さんが取り組む活動や現在に至るまでの経緯などについて話を聞くが、今回は広島発信型の同イベントに合わせて「IC4DESIGN(アイシーフォーデザイン)」(小町)社長でイラストレーターのカミガキヒロフミさんと対談を行う。広島に拠点を置き、グローバルに活動する人の行動が来場者へのヒントになればとセッティングした。

 同イベントを実施する以前から袋町エリアの空き物件を減らそうと出店誘致を進めてきたが、イベントをきっかけにファッションブランド「A.P.C(アーペーセー)」や自家焙煎(ばいせん)のスペシャルティコーヒー専門店「OBSCURA COFFEE ROASTERS(オブスキュラコーヒーロースターズ)」が出店を決めている。

 開催時間は11時~19時(最終日は17時まで)。来場者数は2日間で2万人を見込む。天候に準ずる開催決定の詳細はフェイスブックページで発表する。

  • はてなブックマークに追加