インターネットを使った電報-広島の広告代理店がサービス開始

画像=「For-Denpo」サイト、トップページ

画像=「For-Denpo」サイト、トップページ

  •  
  •  

 広告代理店・プライムステージ(広島市中区富士見町)は9月1日より、インターネットを活用する電報サービス「For-Denpo」をスタートしている。

 同サービスの特徴は、従来の電報サービスの約3分の1の金額(1,090円~)で「安価に」電報が送れる点。サービスの流れは、発注者の「メッセージ(電報)」を同社がインターネットを通じて加盟店に直接データで送信する。加盟店は、あらかじめ同社より仕入れた台紙にそのデータをプリントアウトして受取人に渡すもの。配送料や手数料の低減により安価なサービスが可能となった。

[広告]

 開発の経緯は約3年前にさかのぼる。本格的にシステム開発を始めたのは約1年前。昨年7月に、同サービスを行うために必要となる総務省の特定信書便事業認可を受け、今年3月にプライバシーマークを取得した。

 冠婚葬祭企業を中心とする加盟店は、電報を出力することで手数料として新たな収入源を得ることになる

プライムステージFor-Denpo

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

SmartNews Awards 2019