プレスリリース

体験型イベント「ミハラサイエンス遊園地」初開催!

リリース発行企業:一般社団法人RoFReC

情報提供:

 ミハラサイエンス遊園地実行委員会は、(公財)大同生命厚生事業団の実施する「ビジネスパーソンボランティア活動助成」に採択された「ミハラサイエンス遊園地2018」を、10月13日(土)14日(日)にアクションセンター三原で開催します。ミハラサイエンス遊園地は、子ども達が無料でサイエンスやテクノロジーを体験できる、初開催の科学教育イベントです。


イベントの主旨
 ノーベル賞受賞者の発表の季節(毎年10月上旬)は、科学技術に関する報道が増え、世間のサイエンスやテクノロジーに対する関心度が高まります。その季節にあわせて、RoFReCとサードボックスの知恵と工夫を織り交ぜて、二日間限定の手作り科学館を三原で開催します。小・中学生の子どもを対象に、サイエンスやテクノロジーの面白さやワクワクを伝えるために、本活動を実施します。

イベントの見所
 サイエンスやテクノロジーに関連する全6種類の体験型ブースが大集合します。子どもたちの笑顔あふれる学びの体験が、最大の見どころです。出展ブースを以下、紹介します。

ドローン飛行体験 小型ドローンを思いどおりに飛ばせるよう、チャレンジします。
プログラミング体験 初心者でもプログラミングの体験ができます。
手づくりサイエンス実験 身近なものを使って、面白サイエンス実験をします。
手づくり!VRゴーグルワークショップ 自分だけのオリジナルVRゴーグルを作ります。
ノーベル賞・スライドショー 過去のノーベル賞について、スライドショー展示します。
VRでやっさだるマンを探せ! VRゴーグルをつけて、三原をやっさだるマンと冒険します。


■開催概要
主催:一般社団法人RoFReC
共催:サードボックス
後援:三原市教育委員会、公益財団法人マツダ財団
助成:公益財団法人大同生命厚生事業団
協賛:三原ライオンズクラブ
日時:2018年10月13日(土)、14日(日)、10:00~16:00
会場:アクションセンター三原(三原市城町1-12-5エムセックビル2F)
入場:無料 ※一部材料費が必要
参加申込:不要
対象:小・中学生 ※親子での参加大歓迎
URL:https://www.rofrec.jp/yuenchi

RoFReC団体概要
 次世代を担う全ての子どもたちが、テクノロジーを通して未来を切り開いて行く力を学べるよう、行政、民間企業、大学など様々なパートナーと協力し研究・開発を行っています。
名称:一般社団法人RoFReC
代表者:代表理事 岡田 吉弘
所在地:〒723-0003 広島県三原市中之町4-8-26
設立:2018年4月
事業内容:プログラミング教育
URL:https://www.rofrec.jp/

■サードボックス団体概要
 三原の30代、40代を中心に集まり、三原を魅力溢れるワクワクする街にするよう地域の活性化事業を行っています。
名称:サードボックス
代表者:代表 泉 太貴
所在地:〒723-0003 広島県三原市港町1-2-26渡辺ビル2F
設立:2017年9月
事業内容:地域活性事業
URL:https://third-box.com/